3月, 2015

スキャナーとFAX機能

先日FAX付き複合機のスキャナが届いて、先ほどまで自炊してました。 FAX&スキャナを買うのは10年以上ぶり。 数年前に複合機のものをたまーに使うくらいでした。 本の裁断はしないので内側がややくらく、ぼやけるものの、内側に絵があまり入らないものばかりだったこともあり、資料としてはこれで十分だったのでとくにきにしない。 これはデジタル資料にして置きたいという本を今回は5冊ほど  ほかにも何冊もあるのだが、適当な機会に、 昔スタジオで絵を描いていたころスキャンいややったなということを思い出した。 たくさんポスカラの背景をスキャンして、整理して納品できるデータにするという作業で、絵を少し見れるチャンスではあったけど、じっくり見てる暇はなくどんどんスキャンやデータ化をしないといけない。 BOOK抜き(背景の手前にある動かせるオブジェクトを切り抜いてレイヤにする。 アナログでは背景と別の紙にかかれる)もやや面倒だったが、単純作業を効率よくやるのは得意だったので早いと評判だったが、  そういう作業じゃなくて絵を描きたいんだけどなぁと思いつつ、新人で下っ端で他のスタッフに比べて描くのが遅いとか下手とか pcできる人が限られてるとかで、借り出されることが多かったのが精神的にはしんどかった。 スキャン開始後大体10秒くらいでスキャン完了、10秒後にスキャン開始可能になるのでそれまでに必要なページにしてセットしなおす。 その間余裕があればデータを開いて切り抜きや位置あわせ回転などしてスキャン可能になったら即スキャン開始という地味な作業の繰り返し データの整理とセットでたまに息抜にやるくらいで十分やな。

カテゴリー
お気に入り